やってはいけない!すぐにお金を得る方法

こんにちは!副業コンサルタントの橋本です!

 

本日もご覧いただきありがとうございます。

 

さて、副業を始めたい!と思っている皆さんの中には

 

どう言った副業があるか色々調べている方もいらっしゃるかと思います。

 

今回は「やってはいけない!すぐにお金を得る方法」について

 

解説していきます。

 

闇金

闇金とは貸金業者の一種ですが、CMなどで見かける「アコム」「プロミス」「レイク」

とは違います。

 

「低利」「無担保」「誰でも融資できます!」などを謳った告知をしており

 

審査などもなく、電話一本でお金を借りることができます。

 

しかし実体は、毎週、脅迫や恐喝によって1〜2万円の利息支払いを要求してきます。

 

更に、債務者の家族や友人が脅迫に巻き込まれるケースもあり、いくら返済しても終わらない負のスパイラルが待ち受けています。

 

出資法と呼ばれる法律により、利息29.2%以上は禁止されていますが

 

闇金業者は現在も減っていません。

 

闇金うしじまくんのような

 

10日で5割の利息

(例:10万円借りたら、10日後に15万円で返さないといけない)

 

1日で3割の利息

(例:10万円借りたら、翌日に13万円にして返さないといけない)

 

と言った超高額な貸付を要求される場合もあります。

 

知人から借りる

知人からお金を借りることで、すぐに現金を得ることはできます。

 

一見

 

この方法は別に良いんじゃないの?


 

と思われる方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、いくら信頼関係があっても

 

借用書のような契約が無い、口頭での約束になるため

 

返済に期間がかかったり忘れてしまったりなどで

 

トラブルに発展しかねません。

 

お互いの信頼関係を保つためにも

 

知人からお金を借りることはやめましょう。

 

ネズミ講・マルチ商法

※ネズミ講は犯罪です、絶対に真似しないこと!

 

[voice icon=”http://gbfy.sakura.ne.jp/business/wp-content/uploads/2020/05/fashion_parka_dark.png” name=”◆怪しい勧誘1◆” type=”l line”]コスパの良いバイトあるんだけど[/voice]

 

[voice icon=”http://gbfy.sakura.ne.jp/business/wp-content/uploads/2020/05/fashion_parka_dark.png” name=”◆怪しい勧誘2◆” type=”l line”]儲かるビジネスがあるんだけど[/voice]

 

[voice icon=”http://gbfy.sakura.ne.jp/business/wp-content/uploads/2020/05/fashion_parka_dark.png” name=”◆怪しい勧誘3◆” type=”l line”]オススメのセミナーがあるんだけど[/voice]

 

こんな連絡を受けたことはありませんか?

 

これらはネズミ講・マルチ商法に使われる決まり文句で

 

うまい話で人を勧誘するのが特徴です。

 

次に、ネズミ講・マルチ商法それぞれの用語説明をします。

 

ネズミ講

まず、AさんがBさんをネズミ講に誘い

 

勧誘されたAさんは、高額な会員費を支払ってネズミ講に参加します。

 

Aさんは別の人を勧誘することで

 

その会員費の半分を得ることができます。

 

残りの半分は、上位メンバーに分配されていく仕組みのビジネスとなっていて

 

1960~70年代には多くの会員が生まれ、社会問題にもなりました。

 

問題となっていた点としては

  • 販売する商品がなく、下位メンバーの会員費によって運営されている点。(金銭を扱う)
  • 入会できる人数には必ず限界がくる点

 

の2点が挙げられます。

 

1点目に関しましては、上記で解説済のため

 

2点目について例をあげていきましょう。



会員1人が必ず2人を勧誘し、入会させ

 

更に勧誘された人が、必ず別の2人を勧誘する

 

そんなシステムがあったとするとどうなるでしょうか?

 

ネズミ講ビジネスの設立者(初代)1人に対し

 

2代目は2人、3代目は4人、4代目は8人、5代目は16人…と

 

指数関数上に増えていき、27代目には約1億3400万人と

 

日本の総人口を超えてしまいます。

 

全員が入会するとは限らないので、もう少し前に限界は来るでしょう。



1978年に無限連鎖禁止法が成立したため、ネズミ講は禁止されています。

 

絶対に行わないこと!

 

マルチ商法

ネズミ講とよーーーく似ているのがマルチ商法です。

 

特定商取引法の中で「連鎖販売取引」と定義されており

 

一応合法となっています。

 

連鎖販売取引は

 

[voice icon=”画像のURLをここに貼り付ける” name=”名前を入れる” type=”l”]この化粧品は効果があってすごくオススメなんです!。[/voice]

 

と商品を販売したり

 

[voice icon=”◆画像のURL◆” name=”◆キャラクターの名前◆” type=”l line”]◆コメントを入力◆ここに入れば、権利収入を得られますよ。[/voice]

 

と組織に勧誘したりすることを指します。

 

ネズミ講との違う点は以下の2点です。

・違法か合法か

ネズミ講は「無限連鎖防止法」と言う法律で禁じられています。

 

マルチ商法は特定商取引法で「連鎖販売取引」と定義されており

合法です。

 

・会員費の分配で稼ぐか、商品を流通させて稼ぐか

ネズミ講は、新たに勧誘したメンバーから巻き上げた会員費を分配することでお金を稼いでいます。

 

これに対しマルチ商法は、化粧品であったり権利収入を得られる方法と言った「商品」を流通させることで、お金を稼ぎます。

 

単純にお金だけを巻き上げるか

商品を媒介してお金を稼ぐか

の違いだけなので、特にマルチ商法は誤解されやすいでしょう。

 

カードローン

カードローンは、クレジットカード会社や金融機関が提供する融資サービスを言います。

 

カードローンでお金を借りる方法は

・インターネットから自分の口座へ振り込む

・コンビニや銀行で現金を引き出す

の2点です。

 

最初の申し込みで予め利用限度額を設定するので、その範囲内であれば何度でも借りることができます。

 

・保証人なしで借りることができる

・住宅や自動車のローンと違って利用目的が問われない

・いつでもどこでも借りて返済できる手軽さ

 

と言う特徴からついつい手を出してしまいそうになりますが

カードローンも借りているお金なので、利息をつけて返さなければいけません。

 

すぐに手を出すことの無いように気をつけましょう。

 

 

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードには「キャッシング機能」と呼ばれる機能が付帯しています。

 

機能としては、カードローンと変わりませんが

 

「返済するときの利息」「利用限度額」が異なります。

 

キャッシングの方がカードローンに比べると利息が高く

 

利用限度額も、カードローンが最大1000万円まで設定しているところがあるのに対して

 

キャッシングは100万円までと低いです。

 

キャッシング機能もカードローンと同じく

 

利息をつけて返さなければいけないことに変わりはありませんので

 

使わないようにしましょう。

 

今回のお話は以上になります。

 

お金をすぐに得る方法は数多くありますが

 

知人との信頼関係に関わる点や利息をつけて支払わなければいけない点など

 

それ相応のリスクがつきまとってきます。

 

上記で紹介した方法は使わずにお金を稼いでいきましょう。

 

本日もご覧いただき、ありがとうございました。

コメント